ハナの娘に伝えたいレシピ

hana25r.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ふきのとうの天ぷら

f0059575_1523532.jpg

昨日、実家の父がふきのとうを取って持ってきてくれました。
かなり花が咲いていましたが、名残のふきのとうを天ぷらにしてありがたくいただきました。
私が珍しい食材や美味しい料理に興味を持ったのは、父の影響大です。
ついでにお酒が大好きになったのも…父のおかげです(笑)


<献立のヒント>
◆しょうがご飯(主食)
棒々鶏(主菜)
◆サツマイモのレモン煮(副菜)
◆ニラと卵のスープ(汁)

*本日の汁物*
ニラと卵のスープ
f0059575_15144051.jpg・中華スープといえばニラと卵が浮かぶハナです。
・今回は長めにニラを切りましたが、細かく刻んでも美味しいと思います。ちょっぴり黒こしょうを利かせてみました。



*ハナからの一言*
・毎年3月の中旬から下旬にかけてふきのとうを探しに出かけますが、まだ雪が残っていたり、すでに花が咲いていたりと、中々丁度いいふきのとうに出会うことが出来ません。
・今年は先日手ごろなふきのとうを見かけたので、ふきのとう味噌を作りましたが、今年はもう終わりですね…
・来年が待ち遠しいです。。。
[PR]
by hana25r | 2006-03-31 06:24 | 山菜料理

感謝。。。

今日で3月も終わりです…
このブログを始めて約2ヶ月ですが、毎日レシピが続くかな~って内心ドキドキしながら何とか続いています。来てくださっている皆さまありがとうございます!

これからの季節は、大好きな山菜の種類も増え、春野菜、夏野菜と順に野菜も充実し、お料理がますます楽しくなりそうです。

あまり参考になるレシピはないかもしれませんが、時々見に来てくださいね!
日頃の感謝とごあいさつまで…

f0059575_1551944.gif

[PR]
by hana25r | 2006-03-31 06:05 | つれづれなるままに

生のりと干椎茸の佃煮

f0059575_8253424.jpg

先日、スーパーに生のりが売っていたので佃煮を作りました。
ちょっとした箸休めにもしたかったので、干椎茸を一緒に煮ました。
ご飯に乗せてもいいし、そのまま食べても美味しいですね。


<献立のヒント>
◆ご飯(主食)
◆鯖の揚げ煮(主菜)
◆野ゼリのお浸し(副菜)
◆豆腐とみつばの味噌汁(汁)

*本日の味噌汁*
豆腐とみつばの味噌汁
f0059575_1051424.jpg・煮干でとった出し汁にお味噌を溶き入れます。
・さいの目に切ったお豆腐を湯通し、お椀に入れて味噌汁を注ぎいれみつばを散らします。
・お豆腐を煮るときは決して沸騰させないようにね!“す”が入ってしまいますよ!


材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2006-03-30 06:20 | 副菜

鶏の照焼き

f0059575_8414560.jpg

またまた鶏肉料理です。
ハナ家ではかなりの頻度で食卓に登場します。だって美味しいんだもの~!
今回は照焼きにし、添え物はニラを使いました。
焼きすぎると硬くなるので、熱の通り加減に気をつけて焼きましょう!

<献立のヒント>
◆えんどうご飯(主食)
菜の花のからし和え(副菜)
◆シメジの甘辛煮(副菜)
◆じゃがいもとワカメの赤だし(汁)

*本日の汁物*
じゃがいもとワカメの赤だし
f0059575_858455.jpg・ハナ家ではあまり赤出汁のお味噌汁は作りませんが、(赤だしが苦手な人間が一人いるのです…)時々無性に食べたくなるのが、このじゃがいもとワカメの赤だしです。


*アレンジレシピ*
チキン照焼丼
f0059575_9381924.jpg・ニラの替わりに葱を使いました。
・甘い照焼きのタレをタップリかけていただくと、とっても美味しいです♪
・紅しょうがをのせてもいいかも…
・卵でとじたらどんなんになるでしょうか!


材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2006-03-29 06:58 | 主菜

すごく簡単!お酒の肴5品!

本日は、お酒大好きハナが良く作る酒の肴…アテです。
ただ切るだけのものもありますが、参考になるでしょうか?
美味しい肴で美味しいお酒をゆっくり味わえる幸せって、何物にもかえがたく、私が大好きな時間です…
大勢でワイワイやりながら飲むのもいいですが、自分のペースでゆっくり飲める手酌も中々好きなハナです♪

*ピータン豆腐*
f0059575_10462568.jpg・豆腐とピータンをあわせて、お醤油と刻み葱でいただきます。
・熱々に熱したごま油を“ジュ”とかけてもいけます!
・お豆腐は美味しい物を選びましょう。
・ピータンのにおいが気になる方は切ってからしばらく置いておくと臭みが和らぎますよ。

*生麩*
f0059575_10464832.jpg・この生麩は“粟”です。“栗”ではありません(^.^)
・金沢にも有名な麩屋がありますが、私は京都にある「麩嘉」さんの生麩が大好きです。
・長女が時々京都や大坂へ遊びに行くので、帰りに必ず買ってきてもらいます。そのまま切ってわさび醤油で食べるほか、バターで表面を焼いたり、さっと薄味で煮たりといろいろな食べ方ができます。でも、お酒には生が一番かな♪

*ブリのたたき*
f0059575_1047510.jpg・ブリを一口大に切り、葱と一緒に包丁でたたきます。
・私は、軽くブリと葱が混ざる程度にたたくのが好きです。あまりたたきすぎると粘りが出て食感が無くなります。ネギトロまで行ってしまうと、それはそれで大好きなのですが(^^ゞ


*鶏軟骨の唐揚げ*
f0059575_10473518.jpg・軟骨に塩コショウし、小麦粉をまぶし中温の油で揚げます。軟骨がコリコリしてすごく美味しいです!
・味付は、揚げた後に塩コショウしてもいいですし、ニンニク醤油にしばらく漬けて揚げてもgood!

*菜の花のわさびマヨネーズ和え*
f0059575_10514093.jpg・マヨネーズとわさびを合わせ、わさびマヨネーズを作っておきます。
・茹でて水気を切った菜の花に醤油少々をふり、手でよく絞りったらわさびマヨネーズと和えます。
・当たり前すぎる作り方ですね…^_^;

[PR]
by hana25r | 2006-03-28 06:13 | お酒の肴

甘海老の具足煮

f0059575_14345464.jpg

甘海老は金沢を代表する食材のひとつですが、本日はその「甘海老の具足煮」の紹介です。
具足煮の具足とは、武士のよろい、かぶとの事で、頭も殻もつけたまま煮ることからこの名前がついたそうです(金沢検定おもしろ合格塾より)。
食べ方は、当然殻をむきながら食べるのですが、頭の味噌は口で吸い取って、ぜひ食べて欲しいですね~。
歯の丈夫な方なら殻ごと食べられるのでカルシウムの補給にもなります(^.^)
そして、煮汁には海老の良い出汁が出ていてるので、お行儀が悪いですが飲んでしまいま~す!
お刺身が余ったときや特売品が手に入ったときに作ってみると良いですよ!

【作り方は】…みりん30cc、薄口醤油30cc、出し汁350ccで作った煮汁で甘海老を5分ぐらい煮ます。お刺身で食べられるほど新しい物は、ほんの数分煮るだけで大丈夫です。あまり煮過ぎると身が固くなるので気を付けてくださいね!
甘辛く煮るのもひとつですが、私は薄味で煮る方が好きです。


<献立のヒント>
◆チラシ寿司(主食)
◆春菊とシメジの辛し和え(副菜)
◆ちくわ麩と茗荷のお味噌汁(汁)

*本日の汁物*
ちくわ麩と茗荷のお味噌汁
f0059575_15233447.jpg・お味噌汁の具材には茗荷!刻んでタッパ-に入れて冷凍しておけば、いつでも香り豊かなお味噌汁が作れます。
[PR]
by hana25r | 2006-03-27 06:45 | 副菜

酢豚

f0059575_1193148.jpg

今日のレシピは酢豚です。
前までは甘酢ソースにケチャップを入れていませんでしたが、ケチャップを入れることによって甘さがまして美味しくなることを知りました。
酢豚にパイナップルはお決まりみたいですが、長男が甘酸っぱいパイナップルはどうしてもいただけないということで、ハナ家ではパイナップル無しで作ります。
干椎茸や竹の子、絹さやなど、入れる具は何でも合いそうなのでとっても助かるお料理です!

<献立のヒント>
◆ご飯(主食)
キュウリと蕪のあっさり漬け(副菜)
◆長ねぎのスープ(汁)

*本日の汁物*
長ねぎのスープ
f0059575_13551869.jpg・下仁田葱など、柔らかい葱で作るほうが私は好きです。
・ダイナミックに切って葱の甘みを堪能してください。


*ハナからの一言*
・今回の酢豚は主菜と副菜を兼ねたような料理なので橋休めとして、あっさりとした漬物を添えました。
・あんを多めに作って、ご飯にかけて食べても美味しいですよ♪
・豚肉は薄く切ることによって早く熱が通るし、柔らかくなるのでお勧めです。筋切りをするともっと良いですね!
・あんにとろみをつけるのは具を入れた後でも大丈夫です。
・野菜を最初に茹でておく事によって、早く仕上がるだけでなく、火が通り過ぎて歯ごたえが無くなるのを防ぐこともできます。

材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2006-03-26 14:07 | 主菜

鰹のお刺身

f0059575_6164722.jpg

今日は鰹のお刺身のご紹介です。お刺身だから特にレシピを乗せるほどの事ではありませんね^^;
近江町市場で買ってきた鰹です。
鰹は炙った物がよくスーパーで売っていますが、どちらかと言うと私は、炙った物より生の方が好きです。薬味を一杯乗せて、にんにく醤油でいただきました。


<献立のヒント>
◆ご飯(主食)
◆つくしのお浸し(副菜)
◆人参のきんぴら(副)
◆生のりと葱のおl味噌汁(汁)

*本日の汁物*
生のりと葱のお味噌汁
f0059575_6355020.jpg今の時期しか味わえない生のりのお味噌汁です。


*アレンジレシピ*
鰹のづけ丼
f0059575_834459.jpg・お醤油とみりんに10分ほど漬け込んだ、鰹のづけ丼も中々いけます!今回はみょうがの小口切りとわさび、糸のりをあしらってみました。


「つくしのお浸し」・・・興味のある方はどうぞ!
[PR]
by hana25r | 2006-03-25 06:00 | 主菜

わさびの花のお漬物

f0059575_14361312.jpg

山菜や季節野菜に目が無い私は、デパートや八百屋さんで珍しい野菜を見るとついつい手が出てしまいます。
食べ方が分からなくても、お店の方に聞いたり農家の方に聞いたりとコミュニケーションをとりながら新しい味を発見するのも楽しみの一つです。
今回は季節外れにならないうちにUPしなくっちゃ!ということで、わさびの花を使ったお漬物のご紹介です。
デパートの食品売り場で買ったものですが、静岡産だったと思います。
ピリリと辛いわさびは、ご飯にもお酒の肴にもなります。
色んな食べ方があるみたいですが、私はこの漬けたわさびの花を細かく切って、炊き立てのご飯に混ぜて食べるのが一番好きです♪

【漬け方】
f0059575_14362517.jpg①わさびの花を2~3cmの長さに切ります。
②切ったわさびの花をザル入れ、上から熱湯をさっと回しかけます。

f0059575_14364625.jpg③素早く冷水に取り、水を切り、塩をまぶして軽く揉んで保存容器または保存袋に入れてしばらくおきます。


*ハナからの一言*
・せっかちな私は1時間もするともう食べてしまいますが、冷蔵庫で2、3日は美味しくいただけます。旬のものを食べると心も身体もパワーアップするハナです(^.^)
・決して熱湯でグラグラ煮ないでくださいね~風味と歯ごたえが損なわれてしまいますから!
[PR]
by hana25r | 2006-03-24 06:28 | 山菜料理

野菜のトマト煮込み(ラタトゥィユ)

f0059575_13304794.jpg
今日はお野菜の処理に大変役立つ料理です。ちょうどセロリ、ナス、玉ねぎ、ミニトマトがあったので作ってみました。
この料理はそのまま食べるだけでなく、ソテーしたお肉やお魚料理の付け合せやパスタのソースにも利用できます。
今回は残ったラタトゥィユをピザソースに変身させてピザを焼いてみました。
「ラタトゥィユ」はフランス語ですが、イタリアでは「カポナータ」と言われているようです。

<献立のヒント>
◆そら豆のリゾット(主食)
◆鱸(スズキ)のソテー(主菜)
◆グリーンサラダ(副菜)
◆オニオンスープ(汁)

材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2006-03-23 06:36 | 副菜