ハナの娘に伝えたいレシピ

hana25r.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

豆乳で作る手作り豆腐

f0059575_14432891.jpg

写真を見る限りでは何か分からないでしょうが、本日のレシピは、市販の豆乳ににがりを入れて作る我が家の茶碗豆腐。
本当は大豆から煮ればもっと美味しいのでしょうが、そこまでの気力は無いハナ^^;
夏は冷たく冷やして、冬は蒸し上がりを食べると美味しいですよ!



f0059575_15442160.gif

【豆乳の選び方】
・豆乳は成分無調整の物を選び、濃度(大豆固形分)が13%以上のもの。
 ※私はいつも行く近江町にあるお豆腐屋さんの物で、15%の豆乳を使っています。

【にがり】
・天然にがりを使いましょう。
 ※私が使っている天然にがりはここからどうぞ・・・

【準備するもの】
・豆乳とにがりを混ぜ合わせるためのボール。
・豆乳を固める器。
・計量スプーン。

【材料(4人分)】
豆乳・・・・・・400cc
にがり・・・・・・25cc
 ※私が使っているにがりは水で4倍に薄めると良いと聞いているので、薄めたにがりの分量です。

【作り方】
①ボールに豆乳とにがりを入れ、素早く混ぜ合わせます。
②①を器に入れ、蒸気の上がった蒸し器に入れて10分間蒸します。
③10分経ったら、竹串をさしてみるか器を揺すってみて、プルプルしていればそのまま火を消して15分放置します。器の回りもまだ全然固まっていない状態の時は、もう5分蒸しましょう。
④そのまま食卓へ出すか、もしくはお皿に移し変えて熱々の内にいただきましょう。

*ハナからの一言*
・豆乳は濃いほうが大豆の香りが強くて美味しくできます。
・にがりは必ず天然にがりを購入し、分量はメーカーの説明を見て加えてください。
・そのまま食べても美味しいですが、お塩でいただくのも美味しいです。
・冷たくする場合は、粗熱が取れてから冷蔵庫で冷やします。
・一度や二度の失敗は覚悟で作ってみてくださいね!私は3回目で成功しました^^;
・取り扱いの時は火傷に十分気をつけてくださいね♪
[PR]
by hana25r | 2006-05-31 06:38 | 副菜

鰯のぬた和え

f0059575_4105283.jpg

魚料理ってめんどくさ~いイメージがありますが、鰯、鯵、鯖ぐらいは自分でおろせると良いですね^^
と言う私も、最近はスーパーのお魚屋さんでおろしてもらいますが・・・
今日は新鮮な鰯が手に入ったらぜひ作りたい一品。分葱とのぬた和えです。
分葱は普通の葱に比べると匂いや辛味が少なくて甘味があるので、良くぬたに使います。
鰯を酢で〆ている間に葱の調理をすると時間の無駄がありません。

日本酒がすすむ一品だと思いますが・・・^^


<献立のヒント>
◇エンドウご飯(主食)
◇筑前煮(副菜)
◇かぼちゃのシンプルサラダ(副菜)
◇車麩とそうめんの味噌汁(汁)

*本日のクイックレシピ*
かぼちゃのシンプルサラダ
f0059575_418711.jpg・茹でたかぼちゃとスライス玉葱を塩コショウとマヨネーズ少々で和えたシンプルサラダです。
・かぼちゃ自体が甘いので玉葱の辛さがさほど気になりません。
・上に大葉の千切りをあしらってみました。


*本日の汁物*
車麩とそうめんの味噌汁
f0059575_6275876.jpg・なぜか夏になると時々そうめんの味噌汁が時々登場します。
・合わせる具は他に、じゃがいも、茄子などがあります。


材料と作り方はココをクリック!
[PR]
by hana25r | 2006-05-30 06:28 | 主菜

豚肉の野菜ロール

f0059575_6585070.jpg

先日“実山椒”を市場で発見し、前から自作したかった山椒の佃煮に初挑戦!
ところが・・・ところがです・・・これが見事に失敗~
今日の記事になる予定だっただけに、少々落ち込み気味のハナです(笑)

さて気を取り直して、本日紹介するのは、(紹介ってほどのレシピではありませんが^^;)フライにしようかタレで絡めようか迷ったあげく、結局、カロリーを気にした次男の「タレ!」の一声でこちらのレシピ。
「豚肉の野菜ロール」と勝手にネーミング^^;
薄切りの豚肉で人参とアスパラをクルクル巻いてフライパンで焼くだけの簡単レシピです!
ビールのおつまみにも、お子様にはケチャップとウスターソースで絡めてあげると幼稚園のお弁当にもピッタリだと思いますが?いかがですか?^^

<献立のヒント>
◇麦ご飯(主食)
◇なすの揚げ煮(副菜)
◇黄色パプリカのマリネ(副菜)
◇竹の子と白木耳の中華スープ(汁)


*本日のクイックレシピ*
黄色パプリカのマリネ
f0059575_721395.jpg・ガス台の方は直火で焼き網の上にパプリカを乗せて、時々ひっくり返しながら真っ黒になるまで焼き、焼けた皮を火傷しないように剥きます。
・中のタネを取り、細く切ってオリーブオイル、酢、塩コショウで和えます。
・フレンチドレッシングがあればそれで和えてもOKです。
・温かいのも好きですが、冷蔵庫で冷たく冷やしていただきます。
・夏はカガラス食器に盛り付け、ミントやバジルの葉を飾っても良いですね♪
・ガスレンジでない家は、オーブントースターでも出来ます。



*本日の汁物*
竹の子と白木耳の中華スープ
f0059575_734211.jpg・中華スープを作り、茹でて薄くスライスした竹の子と戻した白木耳を加えました。


とりあえず作り方見てみようかな~って方はこちらからどうぞ!
[PR]
by hana25r | 2006-05-29 11:16 | 主菜

白いんげん豆のシンプルサラダ

f0059575_802246.jpg

昨日近江町市場へ行ったら青梅が出ていました。
たしか先週はまだ無かったような気がしますが、「あ~もうそんな時期なのね~」と思って見ていましたが、そう言えば、私も先週青梅の注文したんだったっけ?^^;

昨年漬けた梅干が思いのほか上出来(笑)で、今年は増量してまた挑戦しようと思っています。
注文した梅が届くのを心待ちにしている今日この頃・・・梅仕事が始まったら記事にしたいと思っています♪

アメリカへ時々旅行に行く友人が教えてくれた食べ方です。
日本では「豆」といえば甘く煮た煮豆を思い浮かべますが、外国ではサラダやスープにして食べる方がほとんどだそうです。
甘いものが苦手な私が大好きな「豆」の食べ方の一つです。

レシピは簡単すぎるので今回も省略させていただきますが、ちょっとだけ説明しますね~!
①白いんげんはたっぷりの水に一晩浸け、そのまま鍋に移し火にかけ、沸騰したら一度お湯を捨てて、新しい水に変えて豆が柔らかくなるまでコトコトと煮ます。
②豆が好みの柔らかさに煮えたらお皿に取り、にんにくのみじん切りと塩を振っていただきます。

<献立のヒント>
◆ご飯(主食)
◆鰹のタタキ(主菜)
◆レタスの胡麻和え(副菜)
◆豆腐となめこの味噌汁(汁)

*本日のクイックレシピ*
レタスの胡麻和え
f0059575_1439474.jpg・レタスを食べやすい大きさに切り、さっと茹でて胡麻ダレをかけます。


*本日の汁物*
豆腐となめこの味噌汁
f0059575_1443051.jpg・定番のお豆腐となめこのお味噌汁です。

[PR]
by hana25r | 2006-05-28 14:46 | 副菜

サラダ風冷やし中華

f0059575_73899.jpg

暑くなったり寒くなったりで体調管理が大変な日々を過ごしている方が多いのではないでしょうか?
特に変わったレシピではありませんが、これから夏に向け、日本人が大変好む冷やし中華・・・ハナ家のレシピの特徴を強いて書くとすれば・・・“野菜をやたら多く乗せる”“マヨネーズを入れ”るところでしょうか?
冷やし中華にマヨネーズって異様に思う方もいると思いますが、何かの本で名古屋は冷やし中華にマヨネーズをかけて食べると読んだ事があります。
ここ金沢でも好き嫌いはもちろんあると思いますが、冷やし中華にマヨネーズが付いてきてもそうビックリしないと思います。←私だけ???
もしも名古屋の方・・・これを見て「そんなことしないぞ~」と言う方はぜひ訂正のコメントをお願いいたします^^;

冷やし中華の麺を買うと、大抵スープも付いてきますが、なるべく自家製のスープを作り、事前に冷蔵庫で冷やしておきます。
今回レシピを載せたスープはオーソドックスな醤油ベースですが、ゴマダレの代用には前回紹介した万能胡麻ダレで間に合います。
ただし、万能胡麻ダレは味が濃いので、ぶっ掛けは止めて付けダレで食べることをお勧めします^^

一応レシピ見てみようか~って方はこちらからどうぞ♪
[PR]
by hana25r | 2006-05-27 18:25 | 主食

押し麦ご飯

f0059575_5403941.jpg

最近毎日3時に目が覚めます・・・
1時間ほど、布団の中で「あ~まだ3時だ~う~また目が覚めた~もう少し寝よう~あ~もう4時だ~」って感じでゴロゴロして身体が行動を開始するのは4時ですが、歳をとってきた証拠でしょうか?
その代わり夜は10時を過ぎると、もう起きていられません。
時々遅く帰ってくる主人には申し訳ないけれど、次男に主人の事をお任せして・・・お先に「お休みなさ~いzzz」
ダメな妻です^^;

本日は、押し麦ご飯の紹介です。
紹介ってほどのものではありませんが、最近のマイブームです。
食物繊維が白米の数倍もあるということで健康のためにも少しづつ取り入れて行こうと思っています。
f0059575_6543148.jpgもうすでに食べていらっしゃる方には読み飛ばしていただければ結構です^^ →これは、麦ご飯に昨日のスープをかけておじや風でいただきました。

<押し麦ご飯の炊き方>
 白米・・・・・・2合
 押し麦・・・・・・1合
 天然塩・・・・・・少々

 ①白米は普通に洗い、標準の水加減にしておきます。
 ②押し麦を①に加え、カップ200ccの水と塩を加え、30分浸水させ普通に炊きます。

<献立のヒント>
◆豆腐入りハンバーグ(主菜)
◆キャベツと茹で鶏の胡麻ダレ和え(副菜)
◆人参ポタージュ(汁)

*本日のクイックレシピ*
キャベツと茹で鶏の胡麻ダレ和え
f0059575_64030100.jpg・キャベツは千切りにし、塩で揉みしばらく置いてから水で荒い固く水気を絞る。
・薄く切った茹で鶏肉とキャベツを胡麻ダレで和えます。


*本日の汁物*
人参ポタージュ
f0059575_6411798.jpg・薄く切った玉葱と人参をコンソメスープで柔らかくなるまで煮ます。
・煮えた玉葱と人参を滑らかになるまでミキサーにかけ、鍋に戻して牛乳を加え、塩こしょうで味を整えます。

[PR]
by hana25r | 2006-05-26 23:48 | 主食

鶏手羽中と野菜たっぷりスープ

f0059575_9361763.jpg

昼食は「なるべく外食」と決めている私は、先日スープの美味しいお店を発見!
それからスープ作りに目覚め、試行錯誤している毎日です。

今回は、野菜不足解消のために野菜た~っぷりのチキンスープを作りました。
作り方はとっても簡単♪
スープカップに盛るより、大きめのスープ皿に盛るほうがご馳走に見えますね^^
前日に比べ、ちょっぴり冷え込んだ昨夜にピッタリのスープでした~

話は最初に戻りますが、私は外食が大好きです^^
レシピのレパートリーを広げるための勉強だと自分で納得しています(笑)
外食は贅沢でお金がもったいないという考えの方もいますが(家の義母がそうです(笑))、決して無駄な出費だとは思っていない強気なハナです^^;
美味しい物を食べる事が大好きな私は、そのことによって気分転換にもなり、今晩も頑張って美味しい物作るぞ~!って活力にもなっているからです。
無駄金にならないよう、今日も目を凝らしてお店屋さんのセンスを盗んできま~す♪

<献立のヒント>
◇押し麦ご飯(主食)
◇豚冷しゃぶ(主菜)
◇長いもステーキ(副菜)

*本日のクイックレシピ*
長いもステーキ
f0059575_10223824.jpg・長いもは綺麗に洗い、皮を付けたまま1㎝ほどの輪切りにします。
・フライパンにバター(オリーブオイル)をひき、切った長いもをソテーし、塩こしょうで味を整えます。
・最後にお醤油をチラリと垂らしたり、細葱を散らしても良いですね♪


材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2006-05-25 12:29 | 汁物

ゴーヤチャンプル

f0059575_9352661.jpg

先日沖縄へ行ってきた友人が、「沖縄の料理って、何を食べても美味しかった~」と話していました。
今、沖縄で豚さん料理を思いっきり食べたい衝動に駆られているハナです!
特にミミガーが食べた~い!

と言うことで、豚の耳は手に入りませんが、本日はゴーヤチャンプルで沖縄気分を味わってみたいと思います。

ゴーヤも今では色々な産地の物が売られています。
熱い地域でしか育たないのかな?って思っていましたが、石川県でも十分育つようです。
去年、苗を買って植えたところ10cmほどのゴーヤが採れました(笑)
今年は15cmのゴーヤに挑戦しようかな~って考えています^^

今回のチャンプルの具は、ゴーヤ、豚細切れ肉、卵。味付は、塩コショウとお醤油少々、と至ってシンプルです。
作り方は特に変わったところが無いので省略しますが、ゴーヤと豚肉の下準備だけ紹介しますと・・・
<ゴーヤ>
①縦半分に切り、わたをスプーンで綺麗にすくい取り薄くスライスします。
②①を塩で揉んでしばらく置き、さっと水洗いして水気を良く切ります。
<豚肉>
①食べやすい大きさに切り、一度茹でこぼします。
と、こんな感じです♪
もしも・・・もしも・・・詳しくお聞きになりたい方がいらっしゃいましたら、コメント残してくださいね♪

<献立のヒント>
◇ご飯(主食)
◇昆布の炒め煮(副菜)
◇そら豆の塩茹で(副菜)
◇幻魚(げんげ)の味噌汁(汁)

*本日のクイックレシピ*
そら豆の塩茹でf0059575_1032841.jpg


*本日の汁物*
幻魚(げんげ)の味噌汁
f0059575_10104434.jpg・幻魚(げんげ)って知っていますか?富山湾(お隣です)で捕れる深海魚ですが、目がくりくりしていて(魚は大概がそうですね・・・^^;)表面がぬるぬるして鱗の無い魚です。
・ほとんどの魚は自分で捌けますが、この幻魚だけは自分で包丁を入れることが出来ないのです(涙)何故って?・・・自分でもわからないです・・・
・そこで、魚屋さんにお願いして頭を落としてもらい、後は適当にぶつ切りにして味噌汁でいただきます。
・写真では、具が幻魚なのかじゃがいもなのか分からないですね^^;今度機会があったら写真をUPします!
・幻魚をネットで調べたら・・・こんなサイトがありました。



*ハナからの一言*
・今回は有りあわせで作ったので、かなりシンプルになりました^^;
・私は豆腐を入れるの好きなのですが、どうも長男は豆腐を避けて食べているようで、このシンプルな方が箸が進むようです(笑)
・ゴーヤのわたが苦味の素らしいので、丁寧に綺麗に取り除いた方が良いみたいです。ただ、塩もみした後に一度茹でるレシピも良く見かけますが、最近のゴーヤは結構苦味が抑えられているように感じます。したがって我が家では、ゴーヤの苦味を楽しむ(?)ために下茹でせずに塩もみだけで炒めます。
・一緒に炒める具は、お野菜やお豆腐など、何でも良いので身体にもとっても良いお料理ですね~
[PR]
by hana25r | 2006-05-24 07:38 | 主菜

山菜ご飯

f0059575_6402550.jpg

生の山菜がある内に一度は山菜ご飯を炊いておこう!ということで、今回はあり合わせの山菜ときのこでご飯を炊いて旬の味を堪能しました。
入れた具は、竹の子、わらび、かたは、えのき、しめじです。
今回は山菜の味を味わいたかったので薄揚げは入れませんでしたが、それでも十分香り高いご飯に炊き上がりました。
自然に感謝!


<献立のヒント>
◇鰯の生姜煮(主菜)
◇かたはとなめこの醤油漬け(副菜)
◇ポーチドエッグのサラダ(副菜)
◇はまぐりとしめじの味噌汁(汁)

*本日のクイックレシピ*
ポーチドエッグのサラダ
f0059575_641218.jpg・サニーレタス、クレソン、玉葱のスライスをたっぷり盛ったお皿の真中にポーチドエッグを1個落とし、半分に切ったブラックオリーブをトッピングしました。
ノンオイル青じそドレッシングでいただきます。


*本日の汁物*
はまぐりとしめじの味噌汁
f0059575_6422595.jpg・名前のとおり、はまぐり、しめじのお味噌汁です^^


材料と作り方はココをクリック!
[PR]
by hana25r | 2006-05-23 07:02 | 主食

かたは(水蕗)

<かたはの漬物>
f0059575_8254490.jpg

私の知っている山菜もそろそろネタが尽きて来ています^^;
今回紹介する“かたは”の一品目は、さっと熱湯に通したかたはに塩をして半日ほど漬けた浅漬け風で、食べやすい長さに切ったり、細かく刻んでご飯に乗せていただくと美味しいです。

もう一品は、茹でたかたはをなめこと一緒に醤油漬けにした箸休め。こちらは、熱々のご飯に乗せるとちょっとどんぶり風になり、また、お酒のアテにもお勧めの一品です。
どちらも焚きたてのご飯にピッタリのおかずです。

<かたはとなめこの醤油煮>
f0059575_8261961.jpg


f0059575_12533798.gif

【浅漬け風の漬け方】
f0059575_12395537.jpg①葉っぱが付いている時は葉っぱを全部むしり、綺麗に洗い、大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸騰させます。
②お湯が沸騰したら、洗ったかたはを入れ、色が綺麗なグリーンに変わったらすぐに冷水に取り、水気を切ります。

f0059575_1239825.jpg③かたはは漬物容器の長さに合うように切り、塩を軽く振り、昆布を間にはさみ重石をかけます。
④半日から一日置いた頃が食べごろです。


【かたはとなめこの醤油煮】
①かたはは沸騰したお湯で1分ほど茹で、冷水に取って冷まし、水気を切り3㎝ほどの長さに切っておきます。
②洗ったなめこを鍋に入れ、醤油とみりんを1:1の割合で加えて一煮立ちさせます。
③②に①のかたはを加えて一混ぜし、火を止めてそのまま冷まします。
④器に盛り、あれば下ろし生姜を混ぜていただいても美味しいでしょう。



*ハナからの一言*
・かたはは少しヌメリがあり、しゃきしゃきと歯ごたえのある山菜です。灰汁はほとんどありません。しゃきしゃき感を残すために茹ですぎないように。
・食べ方は、漬けたかたはを細かく刻み、お醤油を少し垂らして炊きたてご飯にたっぷりと乗せていただきます。辛いのが大丈夫な方は、山葵を少し加えても良いでしょう。
・ハナ家ではこのように漬物にすることが多いですが、他の食べ方として、お肉や厚揚げと炊いたり、塩漬けにしておいたり、また、粕漬けや味噌漬にもできます。
・山菜ご飯の具にもピッタリです!
[PR]
by hana25r | 2006-05-22 07:11 | 山菜料理