ハナの娘に伝えたいレシピ

hana25r.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

グレープフルーツジュース

f0059575_7293261.jpg
最近毎朝グレープジュースにヨーグルト、時には低脂肪牛乳を混ぜた物をコップに一杯飲んでいます。
きっかけはお通じに効くという理由からなんですが(爆)まだ初めて10日程度じゃ効果が無いですよね・・・(^_^;)
友人が言っていました。「そんなものはその理由を忘れて、すっかり身についた頃に効果が出るもんじゃない?」って・・・納得です。

作り方(1人分)
グレープフルーツ・・・・・・1/2個
プレーンヨーグルト・・・・・・大さじ4

ミキサーに小房に分けたグレープフルーツとヨーグルトを入れてビーンと撹拌します。房の下触りが嫌いな方は少し長めに撹拌してください。
糖分を入れなくても十分甘くて美味しいです!
[PR]
by hana25r | 2007-02-15 07:29 | 汁物

茹で鶏のサルサソースかけ

f0059575_802979.jpg

簡単すぎて紹介するのが気が引けますが・・・ネタ切れに近づきあるので(笑)とりあえずUPしました。
これは鶏ハムとは違います。鶏ハムを使っても美味しいとは思いますが、時間が無かったので茹で鶏にしました。
使う鶏は胸肉です。(カロリー気にしてます(笑)
70℃程度のお湯を沸かし、ローリエの葉を一枚入れて鶏肉を入れて15分ほど茹で、そのまま冷めるまでおきます。
冷めたら薄くスライスしてお皿に並べ、上からサルサソースをかけていただきます。

サルサソースの作り方はコチラから

*ハナからの一言*
・70℃のお湯で茹でて冷めるまで置いておくのは、ぱさつきを抑えるためです。
・皮つきの胸肉を買ったときは、まず皮つきのまま茹でて冷めたら皮は取り除きましょう。ダイエットに関係の無い方は皮のまま食べてもOKです!
[PR]
by hana25r | 2007-02-13 08:00 | 主菜

アクアパッツア

f0059575_7585366.jpg

同じ魚でも日本料理のようにお醤油で煮付けるより、お洒落であっさり味の洋風煮込みです。
アサリからも良い出汁が出てとても美味ですよ!おもてなし料理にも華やかさをプラスしてくれる一品です。
お魚は白身が良いでしょう。切り身でもOKですが、一尾の方が豪華に見えますね!

<献立のヒント>
◇ガーリックライス(主食)
◇豆腐サラダ(副菜)
◇マカロニサラダ(副菜)
◇オニオンスープ(汁物)

<材料>
・白身の魚・・・・・・一尾
・アサリ・・・・・・1袋
・にんにく・・・・・・1/2かけ
・プチトマト・・・・・・10個程度
・あさつき・・・・・・適宜(みじん切り)
・塩コショウ、ケイパー、黒オリーブ、オリーブオイル・・・・・・適宜

<作り方>
①フライパンにオリーブオイルをひいて強火にかけ、にんにく、塩コショウした魚を入れて、中火に落とし、香ばしく両面を焼きます。
②焼けたら強火にして、アサリを加え、水を魚が半分ほど浸る程度に入れます。続いて、プチトマト、ケイパー、黒オリーブを加えて、時々スプーンで煮汁をすくって魚に回しかけながら中まで火を通します。
③深めのお皿に盛り付け、あさつきのみじん切りを散らします。お好みでエクストラバージンオリーブオイルを回しかけます。

*ハナからの一言*
・大きな魚で作って皆で取り分けながら食べるのも楽しいですね~
・これなら魚嫌いの子供でも食べれそうな気がします(^・^)
・にんにくはお好みで・・・
・レモン汁をかけて食べても美味しいかもしれないですね!
・アサリとプチトマトは必須です!
[PR]
by hana25r | 2007-02-13 07:59 | 主菜

からし菜漬け

f0059575_80260.jpg
かな菜の漬物は私の大好きな漬物の一つです。
からしのツーンとしたほどの辛味も無く、そこそこの辛さで白米の美味しさを数倍引き立ててくれます。
もちろん玄米にもぴったりです!

漬け方、食べ方は・・・
①からし菜は綺麗にゴミや砂を洗い、塩を振りかけて、揉み、汁気を絞っておきます。
②沸騰寸前のお湯にさっとくぐらせ冷水に取り、えぐみや灰汁を取ります。
③再び軽く塩を振り、揉んで密封容器またはジッパーに入れて冷蔵庫で半日から一晩置きます。
④食べるときに細かく切り、好みの調味料に漬け込むか、もしくはおしょうゆをかけて炊き立てご飯に混ぜ込むか、たっぷりと乗っけていただきます。
私ハナはもっぱら焼酎の肴でいただきます^^;
[PR]
by hana25r | 2007-02-13 07:59 | 梅干・お漬物・保存食

砂肝のコンフィ

f0059575_7272038.jpg今日も今朝から雪が舞っています。去年は豪雪で今の時期とっても大変でしたが、それにくらべると今年はとっても過ごしやすい冬です。

今日紹介する料理は「コンフィ」と言います。
フランス料理で「漬け込む」と言う意味だそうです。砂糖漬け、酢漬け、オイル漬けetc・・・
今回私が作ったのは砂肝のコンフィ。低温(約80℃)のオリーブオイルでゆっくりと煮込みます。
といっても、砂肝自体が小さいので煮る時間は20分ぐらいでした。
そのままオイルに漬けておくと保存しておくことができます。
白ワインやきりっと冷やした冷酒に合いそうな一品です。作り方もとっても簡単なので挑戦してみてくださいね!


《一緒に食べたいメニューあれこれ》
□しらこのポワレ
□温野菜サラダ
□ザワークラフト
□牡蠣のチャウダー
□甘エビのマリネ
□きのこのガーリック炒め

f0059575_11475418.gifこれ全部食べたら確実にカロリーオーバーだ~

材料と作り方はコチラから・・・
[PR]
by hana25r | 2007-02-02 07:36 | お酒の肴

きんぴら牛蒡

f0059575_7292323.jpg皆さん牛蒡の汚れはどうして落としていますか?私は前まで包丁でこそげていたのですが、牛蒡って皮に栄養があるんですってね!だから泥さえちゃんと落とせればそれで良いそうです。くれぐれも皮は剥かないように・・・それからというもの、私も布巾でこするだけで調理しています。
もう一つ、灰汁を取るために水につけるのも長時間じゃない方は良いらしいです。
牛蒡の下準備って面倒なイメージがあってちょっと躊躇していましたが、最近は全然平気でパパッとやっています!様は気の持ちよう???
今日の料理は“きんぴら牛蒡”。う~ん、確かに牛蒡本来の味が濃いような気がします。

f0059575_15263536.gifごま油で炒めた牛蒡と人参をみりん、醤油、酒を1:1:1の割合で味付し、全体に味がついたら最後に白胡麻を加えて全体を混ぜ合わせて器に盛り付けます。盛り付けた上からももう一度白胡麻をパラパラとふりましょう!


《献立のヒント》
◇玄米ご飯(主食)
◇すずきとキノコののホイル焼き(主菜)
◇大根なます(副菜)
◇赤かぶの酢漬け(香の物)
◇もずくのスープ(汁物)
[PR]
by hana25r | 2007-02-01 07:29 | 副菜